にせよん(新)

4コマ漫画の購入記録、時々感想。

まんがタイムスペシャル

2019年9月号

まんがタイムスペシャル 2019年 09 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 芳文社 発売日: 2019/07/22 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る

2019年8月号

まんがタイムスペシャル 2019年 08 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 芳文社 発売日: 2019/06/22 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る

2019年7月号

まんがタイムスペシャル 2019年 07 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 芳文社 発売日: 2019/05/22 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 『ローカル女子の遠吠え』が巻頭カラー。ついにここまで上り詰めましたか。 それにしても まんがタイムスペシャル 20…

2019年6月号

まんがタイムスペシャル 2019年 06 月号 [雑誌] 作者: (temp) 出版社/メーカー: 芳文社 発売日: 2019/04/22 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る なんかもう……かつて「俺の好みな作品しか載ってないけど一体どうしちゃったのタイスペ!?」と文字通り…

2019年5月号

まんがタイムスペシャル 2019年 05 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 芳文社 発売日: 2019/03/22 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 引き続きゲストの『ため息吐息と悪魔人形』、絵柄的には一見「これきらら系に載るべき作品では?」と思うけど、でも…

2019年4月号

まんがタイムスペシャル 2019年 04 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 芳文社 発売日: 2019/02/22 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 軍三郎先生『スーツは尊し』、まあ宣伝するのはいいけど「新作ワイド4コマ・初登場」て……いまだにワイド4コマである…

2019年3月号

まんがタイムスペシャル 2019年 03 月号 [雑誌] 発売日:2019/01/22 メディア:雑誌 この商品を含むブログを見る

2019年2月号

んー……なんというか、ツイッターで公式アカウントによる個々の作品の宣伝ツイートが流れてもなんというか……いや、別に正面切って「つまらない」と言い切れるような作品は幸いなことに(ほとんど)ないのですが、じゃあ逆にリツイートしてまで積極的に周りに…

2019年1月号

2018年12月号

“課長と私のおかず道”次回最終回か、うーん残念。しかし前回のあの展開(海外出張って、またえらくベタな……)だと仕方ないよなー。

2018年11月号

ぱれっとは地元書店にはないので、明日のお休みに買おう(なげやり)

2018年10月号

2018年9月号

町田すみ先生ゲスト“ワタシを欲しがる河野さん”、おおお久しぶりにお帰りなさいだ!一方“ざしきわらしと僕”が次号最終回のお知らせ、マジか……。 それにしても次号“恋愛ラボ”、“渚は太陽をひとりじめ”が休載のお知らせ、ゲスト作品もなんかこのままお試し期間…

2018年8月号

2018年7月号

まずは按図よしひろ先生“なごみ先生は職場のお医者さん”が今回より連載化ということでめでたし。 一方で“偏食女子は恋でおなかを満たしたい”が最終回。移籍連載からのあっという間の終了。うーむ作品自体が(絵柄的にもテーマ的にも)なんか入り込めなかった…

2018年6月号

“大家さんは思春期!”、“僕しか知らないあやの先輩”、“おにいちゃんと呼ばないで”、“うちの可愛い掃除機知りませんか?”、“この恋は深見くんのプランにはない”、“偏食女子は恋でおなかを満たしたい”、“あの日の海と16歳の夏休み” が一挙スタート。 今後はこ…

2018年5月号

2018年4月号

こちらも粛々と整理機構の手のものが……。それにしてももはや看板作品の一つと言っても過言ではなかった“難関女子の恋愛参考書”を単行本発売直後のタイミングで終わらせるあたり、他のどこよりも店を畳む気満々な気がするな。まあ個人的にはラブリーと一心同…

2018年3月号

ゲスト枠、ナルセヤスヒロ先生の“先生んちのヒミツな家政婦”と黒麦はぢめ先生の“ふたりが家族になるまでに”、どちらも突然転がり込んでくる押しかけ系ながら丁度男女が逆転で対照的なのが面白い。 まあ「カブっとるやん!」というツッコミも当然ながらあるの…

2018年2月号

“課長と私のおかず道”。お正月、実家でだらける保志さん。タイトル画を見て「まあ立派な鏡もち……」とか言っちゃうのは絶対誘っているだろ!(逆ギレ) なんというかこの作品、わかりやすい読者サービス感がとても好き。わかりやすいといえばミツナナエ先生ゲ…

2018年1月号

あれ、いつものコンビニに……ない。 後日改めて行ってみたがやっぱりない。これはあれか、表紙の保志さんのせいで今話題の成人誌指定と間違われたか?(ここは千葉ではないしミニストップでもありません)。 いやしかし、本当にセクスィ〜ですなあ、眼福眼福。

2017年12月号

2017年11月号

“はたらく女子のセーラー服”。まいどお馴染みの「ゲストでありながら最終回」というやつ。おかえりなさいのミツナナエ先生の新作ゲスト“年上の物理少女はカワイイと思いませんか?”。「物理少女」の意味合いが一周回って戻ってきた。御菓月まる先生ゲスト“宇…

2017年10月号

休載もないし最終回も一作だけ。同じ出版者の(ちょっと遠いが)姉妹誌のミラクや同日発売のぱれっとに比べると一見随分安定しているようにみえるけど、うーんどうなんだろう。あ、でも“2DKに弟嫁と”は気がつけば「大好評連載」の文字が踊っているな(気づく…

2017年9月号

2017年8月号

2017年7月号

2017年6月号

“可愛い上司を困らせたい”が巻頭カラー。なんというかすごい成り上がり力だ……それとも巻頭作品は持ち回り制になったのか?あいづみぴろ先生読み切り“お届けします。”。むうミラクに続いてここにも読み切りの波が……芳文社で流行ってんの?

2017年5月号

2017年4月号